!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長生きの元
子供に食育を語る前にこんな意見にも耳を傾けておこう。

http://enmeshi.way-nifty.com/meshi/2006/11/post_63ee.html

なにせ食育問題は複雑すぎ。

スポンサーサイト

テーマ:食育 - ジャンル:育児

清和会 事始め
日本包丁道 清和四條流清和会の事始め

毎年この時期に「事始め」が行われます。
事始めは前年度の総括と次年度の活動方針や予定を確認する日。

来年は例年の日吉大社や近江神宮への奉納に加え
2月には家元の厚生労働大臣表彰「現代の名工」の祝賀会があり
年明けからあわただしそうです。

祝賀会では「煎茶道黄檗売茶流」の家元とのコラボを計画中。

来年もとりあえず精進しなくては。

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

家でごちそう
12月最後の定休日は家族そろっての晩ご飯。

海外生活の義姉二人を加えて7人の小宴。

本日の献立は
「スーパーはずい」で購入した
毛蟹
真いか
牡蠣を使った料理。

毛蟹はもちろん茹でて酢の物に。
1350円の割にはしっかりと身が詰まってました。
毛蟹湯がいてます



真いか(やりいか)は半身をお造りに
残り半身とげそは八幡蒟蒻と芹・韮・百合根と醤油炒めにしました。

そして牡蠣は軽くフライパンで焼いて
生白菜とサラダ菜・細葱・蓮根・しめじ・舞茸の上に乗せて
手作り胡麻ドレに塩胡椒・オリーブオイルでサラダ仕立てに

別で買っておいた「山岸」の地鶏もも肉を白菜と煮て
次の日の汁掛けご飯のネタ完成。

鯖は2時間締めて米酢に浸してきずしの完成。
きずしですよ


こんな感じの献立でした。
くじらのハリハリ鍋
最近くじらが増えていて大変と耳にしましたが、
くじらを気軽に食べれる程は獲れていないのか
依然くじらのいい肉は高い。

鹿の子・尾の身・あぶらすのこ
などと呼ばれる部分などは未だに超高額。

ハリハリ鍋にでもして温まりたいと思っても
気軽にはまだ食べられないのが残念。

生姜の香りの効いた出汁と水菜の旨味が涎を誘う。
ああ美味しそう・・・

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

色んな物が
いよいよ12月に突入。

忘年会の段取りに加えて
店舗に隣接する家屋の取り壊しが始まる。


かつて一家で暮らしていた家も住まなくなって10年ほど。
手入れの無い家は壊れ始めた。
家というのは案外脆いものだと初めて感じましたね。

10年前の引越しの時に荷物は運び出したつもりが
以外にも色んなものが残ってました。

足漕ぎのミシン台・近江八幡昔話の本・40年前の写真
30年前の撮影機・懐かしいコカコーラのグラス
30年前の梅酒・化石のようならっきょ・料理辞典

とまあ、骨董品になりそうなものやどうしようもない物まで
沢山出てきました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記



最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。