!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月10日日吉大社「庖丁祭り」に向けて稽古
母の日も何とか終わり
交通安全週間に入ったこともあって
5月のこの頃は営業も何とか一段落。

さて6月10日は近江坂本の日吉大社にて恒例の

「庖丁祭り」

清和四條流清和会にとっては一番大きな催しで、
庖丁塚に古庖丁を収め
料理関係者200人ほどと共に
料理の上達と災難厄除けを祈祷祈願していただきます。
日吉大社西本宮には料理の祖神
「盤鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)」が祀られているわけですが、
その西本宮の舞台上で清和四條流の庖丁式を奉納いたします。

清和四條流では本式は五人の奉仕人によって式が執り行われ
今回の私の役目は「持ち出し」となります。



スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

「大宗」の女将さんと
昼過ぎに「大宗」の女将さんに届け物があったので
お土産に鯖の小袖寿しを持ってお邪魔しました。

最近の食育の事など色々話しながらお茶をご馳走になった訳ですが
お茶を一杯入れるのに5分ほどかけられたか
何度も湯を急須に移しては湯飲みに移してと繰り返し
やっと出されたお茶の美味しいこと!

「あんまりええ茶とちゃうけどな」と言ってましたが、
煎茶道のお手前の形とまでは行かずとも
もてなしの茶というものを心で感じました。

自分にとってお茶というものをどれほど軽んじてきたかを
痛感させられました。

まだまだ女将さんには教わることがいっぱいです。

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ



最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。