!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の店でノロウイルス食中毒。飲食店経営の皆様要注意です。
年明け早々大変だ。


近所の回転寿し店がノロウイルスと疑われる食中毒で営業停止処分になっている。



内情を知るものによると
店内のお客様用のトイレで菌が発見されているため
食品衛生に問題があった為ではなく
保菌者のお客様に持ち込まれたと言うのが実情のようだ。
一般的に飲食店のノロウイルスによる食中毒は
従業員が感染し、調理前の手洗いが不十分な場合に起こるもの。


今回のその店のケースははっきり言って災難としか言いようが無い。



年々、ノロウイルスによる中毒が増えているようですが
この先どうなる事やら。

もともと海水のウイルス汚染に始まり
汚染海水域で養殖された牡蠣や二枚貝の生食により
人体で増殖し、排泄物嘔吐物等の下水が浄化殺菌されずにさらに海洋に流れ込み
連鎖的にウイルスが増えているような図が浮かんでくる。



とりあえずうちの店では昨シーズンの冬より一切の牡蠣料理を扱っていません


いろいろお客様に言われますが
これからも扱う予定は全くございません。
扱うと言う事は生の状態の牡蠣を触る事であり
その時点でノロウイルスを店内に持ち込む可能性があり
食の安全を扱うべき仕事において侵すリスクではないと思いますね。

はっきり言って「牡蠣」は大好きなのですが
個人的に食べるのも止めています。
加熱調理(85℃1分以上)でウイルスは感染力を失うとされますが
そんなに煮込んだ牡蠣はあんまり美味しくないのが事実。


牡蠣を扱う店がなくなるか
特殊な浄化殺菌システムでも構築されないかぎり
この日本からノロウイルス食中毒は減らない事でしょう。


それにしても、持ち込まれたウイルスによる二次感染・店内従業員の感染など
年々対策も強化してゆく必要がありますね。



スポンサーサイト

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/103-e80a1b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノロウイルス

ノロウイルスノロウイルス(Norovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種。カキ_(貝)|カキなどの貝類による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞|糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染する。ノロウイルスによる... あやこの日記【2008/01/09 04:30】

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。