!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げんげ鍋ぷるぷる
先週、満席にてお断りしてしまったF氏にお詫びのメールを入れると


早速のご来店。


付出しは平目のモツ酒蒸し新玉葱添えポン酢。
前回、「きんめ鯛のにぎり」で生のきんめの美味しさに感動したつながりで
今日はまず「きんめ鯛の造り」と「生ほたるいか

焼物で近江牛のミスジに付いている筋を陶板でこんがり焼く。
歯ごたえに感動。
ご注文の北海道産「かじか」が焼き上がるまでに
げんげ鍋を追加注文。

げんげ

げんげはゼラチン質が多く
ぷるんぷるんの食感です。以外にいい出汁もでて鍋で食べると美味しい魚。


冬と比べて鍋が出にくい季節になってまいりましたが、
鍋料理はやはり日本料理には欠かせない存在。
春は春でおいしい鍋を提供してゆきましょう。



その後、例のバームクーヘン豚の燻製を一つまみづつ。
芽葱のにぎりで仕上げです。



いつも美味しそうに酒と料理を楽しむF氏。
すこし憧れている。
スポンサーサイト

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/123-b43f978f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。