!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほたるいか料理
いよいよ「ほたるいか」の最盛期。
ほたるいか



和食のほたるいか料理の王道はやはり酢味噌。



もちろん美味しいのですが、これだけのメジャーな素材で
酢味噌で食べるのが最高というのはすこし腑に落ちない。


そんな中、こんなサイトを見つける。



「ホタルイカ料理百選」


かなり面白い。
プロの料理ではありませんがホタルイカを食べなれている人たちの考えた物は参考になります。




中でも「ほたるいかの唐揚げ」


富山ではかなりメジャーな料理らしいのですが近江八幡ではあまり見かけない。
あまり凝った料理とはいえないものですがほたるいかの意外な味わいを発見。
カリッと芳ばしくなる足とコクのある全体の味。肝の生臭味が緩和されます。



生ほたるいかの造りはもちろん甘み、コクのある肝の味わいが最高。
酢味噌で食べるボイルほたるいかも旨味と甘みが美味しい。
特に富山滑川川村水産の物が一番いいのではないかと思います。
ボイルほたるいかは、ボイルと塩の加減で味が大きく変わります。

川村水産のほたるいかはつぶの大きさもさることながら、
茹で具合がさいこうです。




常連様のH氏。
普段から肝系の生臭物は一切口にしなかった方が
この川村水産のほたるいかで「唐揚げ」にしてすすめたところ
「美味しい」の言葉を頂き、
また新しい料理の楽しみを知っていただく事が出来ました。
料理人冥利に尽きるというものです。


そんなやりとりを見ていた常連様K氏。
「ほたるいかの酢味噌」をご注文いただいていたところに
そっと少し唐揚げも出してみる。

やはり気になっていたようで、小さなサプライズにお喜び。
隣のお客様とのやりとりにも花が咲き
ご機嫌のお帰りとなりました。




カウンターで仕事をしているとこんな事がうれしい。


スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
はじめまして。
こんにちは。v(^^*)
たどり着きましたので、コメントだけ残しておきます。
【2008/04/18 00:26】 URL | わんだーまま #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/124-f2f2981b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。