!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メニューにない裏料理
都会に比べて圧倒的に人口が少ない近江八幡。



7万人弱。


この店がこれからもあり続けるための方法の1つには
7万人の中のほんの一握りの常連のお客様にあきさせず、
いつまでも通ってもらうことです。


そんなお客様の1人H氏。




H氏への料理はこんな感じ。


1.例の蔵尾ポークの自家製燻製
1.焼きたて寿し玉子
1.桜鱒の薄造りと筍の薄造り塩と胡椒とオリーブの香り
1.北海道のホタテ貝柱醤油焼き唐墨粉炙りまぶし
1.山陰産白魚の唐揚げ
1.にぎり


メニューないものが半分です。
常連様の好みに合わせて料理を作ってゆくと
必然的に固定メニューや月替わりメニューと少し違うものが出来上がってきます。



割烹の醍醐味というのはこういうものでしょうか。




さて
本日は大和郡山お城祭りの包丁式披露の日。




近江八幡の桜は咲き始めですが
荷物を取りに寄った近江神宮は3分咲き。
近江神宮にて




坂野さんと高田さんを乗せて奈良へ向かいました。



昨年は少し散りかけた桜舞い散る中での舞台でしたが
今年は満開の盛り。
満開桜 大和郡山

大和郡山桜



少し肌寒いながらも中々よい天候で無事終了いたしました。



それにしても、きれいな桜の名所「大和郡山城」

のんびりと花見酒に酔いしれたいものです。
去年は夜桜の寒さに凍えてしまったので
今年は暖かな日差しの中がよろしいですな。
スポンサーサイト

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/128-32c8240f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。