!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀州産天然本クエ
この時期になって本クエが入荷。
産地は紀州、天然物です。




26キロの魚体はクエの旨味を味わうには十分な大きさ。




養殖物や10キロ未満の小さなクエと比べると格段の違い。



皮のねっとりとした旨味
脂の乗った身
ホロリと崩れる食感
生臭さを感じさせない香り。



本日は


1.照り焼き
1.鍋

などで楽しんでいただきました。

特に照り焼きはいつものH氏がお持ち帰りをご所望するほどの美味しさ。






昨年だったか、「黒ぼう(あぶらぼうず)」をクエと偽って食べさせていた店があったそうな。


以前も書いたことですが
美味しさについて
クエ>>黒ぼう>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>養殖クエ


ぐらいの差。
(個人的見解ですが、うちの店のお客様もクエと黒ぼうの美味しさを両方認めている)
下手をすれば
本クエより黒ぼうの方が美味しかったりする。


黒ぼうだって十分美味しくて、堂々と黒ぼうといえばいいのに
偽ってしまったところが、自分の味覚で判断できない未熟さを表している。
黒ぼうにとってはその価値が貶められた悲しい話。
スポンサーサイト

テーマ:お魚料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/135-9bf4ed94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。