!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぐるなび」のコンテスト試食審査
歓迎会の宴会も終盤。
週末はやはり宴会が多く、3月・4月は年末年始に次ぐ
いや、最近ではそれをしのぐほどの忙しさ。
平日のささやかな余裕が、店全体としては週末への仕込み段取りの為所。


今日も、宴会だけでなく常連のF氏来店。
目敏く今日一押しの「いしだい」の造り、クエの照り焼きをおすすめメニューからチョイス。
香りの良い生でも食べられる桜海老をかきあげにし、その香りを楽しんでもらう。
その他
あおりいか造り
すっぽんの茶碗蒸し
ひらまさのサラダニンジンドレッシング
などなど。



こんな仕事の合間に
ぐるなびの試食審査の準備。


2005年から始まったこのコンテスト。
2006年に初めて試食審査に進んで以来2回目。




去年と今年は日本料理コンペティションでがんばったので
「もういいや」と思っていたところ
2月のコンペ決勝終了前後にぐるなびからの出品オファー。


たぶん全店舗に声を掛けているのであろうが
うちも店の誰かに出てもらおうと薦めるも
出世欲があまり無いうちのみんなは出品なし。
「まあ、うちのだれかに出させますよ」と担当者に言った手前
出品0も悪いので、とりあえず1つ出してみたのが2月末日。




今月のはじめごろに届いた試食審査概要を見て気づいた事が数点。


2006年ではベスト30から試食審査であったのが今年はベスト100から。
審査内容も2006では単純に料理のみであったものが
基本技術審査やプレゼン・人間力審査なる項目が増えている。



審査する審査員の方々や大会運営側の苦労する姿が目に浮かぶ。



ぐるなびや日系レストランのコンテストは
単品にどれだけの魅力を与えられるかという部分でのよい勉強になります。





普段の営業のあいまに
こういった刺激を受ける環境に身を委ねるのは
清和四條流の活動と同じく面白い。
願わくば明日のお客様の料理につながってほしい。
スポンサーサイト

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/137-76760283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。