!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良 漢国神社「鎮華三枝祭」(はなしずめさきぐさまつり)
6月17日は奈良県の漢国神社にて「鎮華三枝祭」。
百合のお祭です。


毎年恒例の清和会包丁式奉納の行事でもあります。



当日は祭員となっておりましたのでほとんど写真をとれておりませんでした。
が、幸いにも三枝祭は一般の方々で写真を撮られる方が多いので
みなさんのブログのリンクを張っておく事にします。

http://ikoma.exblog.jp/8153212/
http://blogs.yahoo.co.jp/nonbay55/32545134.html

こちらは、同じく三枝祭が行われた率川神社の様子。
http://blogs.yahoo.co.jp/nonbay55/20902456.html
両神社で同じ時刻(午前10時半)から厳かな雰囲気の中で例祭は執り行われました。


例祭の後
直会(なおらい)が行われます。
「なおらい」というのは例祭で捧げられた神饌(しんせん:神様へのお供え物)を下げて
皆もいただくと言うもの。

厳密には全く同じものをいただくわけではありませんが
三枝祭は百合を捧げていますのでなおらいは百合にちなんだものが少々。

百合酒

素焼きの壷に入れられた「百合酒」

杯一献

百合の花の香り華やぐ一献です。







現在日本にはいろいろな祭が伝えられていますが
本来の祭は神事であります。

いにしえの日本人が
神様(多神)を信じて全ての自然を畏れ敬っていた事実。
忘れてはいけません。

1000年以上も歴史をもつ祭は1000年以上前の日本人の思いを今に伝える大切な言葉。
大切な古の言葉を現代で消してはならない。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/164-0c2dfe15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。