!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県民よ!!食べるべし「あめのうお」
ひさしぶりの入荷「あめのうお」。


滋賀県民ならば養殖ノルウェーとろサーモンを食べている場合ではない。

この時期市場では
北海道の「時知らず」や「ますのすけ」の2種類の国産天然系サーモンが流通しています。





しかし
滋賀県ならば夏の間は「あめのうお」(びわます)を食べるべき。

最近の新聞(読売)では飽食食育食料危機についてコラムが連載されている。

地産地消を進めることは流通コストの削減
それからCO2削減につながり
伝統食文化の口伝にもつながる。



あめのうお上身

あめのうお」は
海の無い滋賀県民が全国に自慢できる魚の一つ。


淡水魚にもかかわらず泥臭さ・サーモン臭さの無い香り、
鮭児にも負けない脂の乗り、
桜鱒・皐月鱒にも負けない上品な甘みをもつ


あめのうお



お造り・にぎりにして美味しい。
(ただし生食は一旦冷凍してから)
焼いても美味しい。
そして伝統食「あめのうおご飯」は是が非でも子供に食べさせるべき
地域の伝統食です。
日本、滋賀いや近江に住むならば


「近江米とあめのうおの味わい」は記憶しておかなければならない。


あめのうお御飯2

えー
勝手な主張をしておりますが
滋賀近江八幡ヨイショ料理人のたわごとでございます。

「あめのうお」が「鮭児」に負けず美味しいと言っているのは
わたくしの舌による主観的意見でございます。


滋賀県民の皆様どうぞ自分の舌でお確かめ下さい。





ちなみに「あめのうお」(びわます)はニジマスではございません。
琵琶湖にしか生息しない琵琶湖固有種です。
最近は「醒ヶ井養鱒場」で養殖もしておりますが
夏場は天然物が出回るのでそちらをおすすめします。



しかしこの魚、大量に消費できるほど絶対量はございません。
まして良いものは安定供給とはゆかぬのが現状でございます。

スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
こんにちは
こんにちは(^^)。
立ち寄り軌跡を残しておきます。

【2008/06/29 12:07】 URL | わんだ #- [ 編集]

テレビで拝見しました!
はじめまして^^
知り合いがこの秋、滋賀に転勤になります
そんなこともあり、滋賀を身近に感じた私ですが
今日、「知っとこ」で炊き込みご飯の放送を見て
詳しく知りたくて検索したら、ここにたどり着きました

おいしそうですねっ
一度は腹子が炊き込みご飯にのせられる時期に
お邪魔してみたいです。
そのときは宜しくお願いしますi-179
【2008/10/18 09:31】 URL | こえだ #- [ 編集]


こえださん
ありがとうございます。
今年はもう禁漁に入っていますので冷凍で捕っておいたものになりますが来年6月以降であればよいものが提供できると思います。
お待ちしております。
【2008/10/22 17:37】 URL | かわにしたけし #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/166-ce092dc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。