!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の深夜番組で
先日
深夜放送でうなぎのじゅんじゅんを「嵐」の誰だったかが食べて感動していた。


東京のどこやらの店が紹介されて
じゅんじゅんではなくて「うなぎのすきやき」といっていましたが
明らかに滋賀県の郷土食「うなぎのじゅんじゅん」と同じ。


いよいよ滋賀県の郷土料理うなぎじゅんじゅんもふなずしに続いて全国区か?
うれしい限りですね。

滋賀県の郷土食が東京でまで作られているということは
過去の近江の御先祖が考えたうなぎの料理法が
全国にも受け入れられる完成度のあるものと実感。

じゅんじゅんの言葉は近江八幡でも伝えられる「すき焼き」を意味する言葉。



近江八幡ではうなぎだけでなく
「鯉」「近江牛」「なまず」なんかもじゅんじゅんという名で郷土料理として伝えられています。


天然うなぎを使ったじゅんじゅんは
蒲焼と違って皮が厚いものでも柔らかくぷりぷり。
牛蒡や葱や山椒の香りがその旨味を引き立たせます。
もちろんそこに丁字麩や八幡蒟蒻をいれると最高です。



今度の休みはこれにしようかな。


ちなみに海の魚でじゅんじゅんをしたって旨くないと思います。
これも勝手な私の舌による主観的意見ですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:滋賀県を・・・ - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/167-57a233cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。