!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖沖島近辺産天然うなぎ(偽装なし)
今話題のうなぎです。



しかしこれは
嘘偽りなき天然物琵琶湖のうなぎです。
琵琶湖うなぎちゃん

一緒に写っているのは鮒と鮎たち。


いつも趣味で獲ってきてくださるH氏に感謝。
今日は「なまず」もゲット。
ちなみになまずは鯉と一緒に別の池に放してます。



琵琶湖うなぎちゃん3

アップで撮ってみたものの動きやがるんでピンボケです。



巷ではうなぎの偽装事件が連日取り上げられています。
あんな調子で偽装されたら
もううなぎなんてスーパーで売ってるやつはホンマかどうかわかりません。
パッケージに鹿児島産やら三河産やら書いてましたけど
書かれへんようになる会社まだまだ出てきそうです。


スーパーの人らも仕入先の会社を信じて買ってるのに災難です。



ともあれ
いままで少しづつ値上がりが続いていたうなぎが、ここで一気に値上がりの気配。
そのうちうなぎも年中食べるわけにもいかん超高級食材の仲間入り。


発祥は下民の料理だったものがここまでになるのは
うなぎの蒲焼と言う料理の完成度の高さの表れですね。





まあ
うなぎが食べられなくなっても蒲焼にして美味しい川魚は他にも存在する。
その代表的なものが鯉。なまずなどもしかり。
脂が少ない分うなぎの様なコクはありませんが、鱧とうなぎの間のようで美味いものです。
(ただし鯉は骨切りしなくてはいけないのと、焼くときにコツがいるので料理としては難しい。)
なまずは漁獲量がないのですが
鯉は養殖もしているわけで値段も手ごろ。



神前や宮中においては最も崇高な魚とされている鯉。
滋賀県民は鯉料理の技術の研鑽を深めて
洗いや鯉こく、飴炊き、じゅんじゅん、照焼、混ぜご飯など
県民食の振興を図りましょう。



そういえば
このあいだうちの若衆どもが「食べたことがない」といっていたなまずを洗いと蒲焼で食べさせた。
皆、そのあっさりとして泥臭みのない香りと旨味に感心していた。



今日の記事だけ見ると
おおよそ寿し屋とは思えない内容ですな。
ちゃんと海の魚介も扱っているひさご寿しです。
スポンサーサイト

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/171-7fb92177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。