!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イクラが最高においしい季節
いくらの仕込み

秋の走りの食材

イクラ」。

イクラの元となる鮭の子「筋子」が獲れるのは9月初旬から11月。
中でも走りの新物が最も粒の皮が柔らかく美味しい。

11月の下旬ともなるとさすがに皮が硬くなって塩漬け向き。



イクラなんてたいして美味くない」なんて18の頃まで思っていたのが
今では秋の新イクラを心待ちにしている31歳でございます。



世間様では
やれメタボリック
やれ通風
やれ糖尿
やれ動脈硬化
やれ高血圧
などと長生きの幸せを得るために
美味いものを食べる幸せを諦めなければならないような風潮。


なんでもバランスだと思う私なので
せっかく一年の中で一番イクラが美味しい時ぐらいは
遠慮なく食べる幸せを文字どおりかみしめ
翌日は御飯と野菜の煮物と味噌汁の素食にすればよいだけのことと思っています。
栄養学的に「そりゃいかん」と思われるプロの方いらっしゃれば
ぜひご一報お願いいたします。



さて
その新イクラ
もちろん今月の一品・寿しメニューにも載っておりますが
せっかくですから贅沢に炊き立て御飯にたっぷりかけて食べるのが一番美味しいです。
今月の会席の基本御飯は栗御飯ですが
来月、少し値段が落ち着いたら献立に入れたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/195-489f9d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。