!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江八幡で松茸を特産にできるか?
秋の味覚といえば誰もが思い浮かべる「松茸」


60歳以上ぐらいの年代の方々の話を聞いてると
夢のようなリッチな松茸話が聞こえてくる。

「すき焼きに牛肉より松茸が多く入っている」
「松茸ラーメン」
などなど



うーん、なんともいえん。



秋になったらそれこそ「いらん!!」と言えるくらい採れたらしいから
なんともいえん。


いまなら
高級料亭でこぞって高値で取引される国産高級松茸。



昔の人にとって松茸の存在ってどんな感じだったのでしょうか?




さて
こんなに国産の松茸が採れなくなった原因のひとつが「里山」の消失。
生活としての山・松林の必要があった頃は
松の落ち葉や小木は燃料として人が使っていたため
人が入る松林(赤松)は松茸が出来やすい環境だったそうな。


最近
うちのお客様から沖島の人が入らなくなった山を
綺麗に掃除して松茸を復活させるプロジェクトがあるとの情報をつかんだ。
都合があえば参加しようと思っている。




近江八幡沖島産松茸が味わってもらえる日がいつか来ることを期待しています。
スポンサーサイト

テーマ:日本の食 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/198-0df5888d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。