!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて庖丁人を務めました
本日は朝から雨模様。



折角の近江神宮「御鎮座記念祭」での奉納もいつもの玉砂利の舞台ではなく
本殿正面の屋根のある部分でやることに。

20081107091152.jpg
これは午前9時の準備の状態。



いつも雨の場合、例祭の奉納式は正面ですが
やはり広々とした玉砂利の上でしたかった。



実際、例祭の最中は雨は止んで晴れ間も大分出ていたのですが
午前九時の段階での判断で執り行われました。





献花式を右手に見て
私たち清和四條流は琵琶鱒を十六文菊の形に盛り付けます。

清和会に入会して3年。
初めて庖丁人を務めさせていただきましたが
今までのささやかな経験も役立ってか、
本番で緊張状態からテンションの高い状態で冷静さを保つことが今回はできて
初めてながら、失敗も無く終えることができました。

いままでご指導をしていただいた師範・先輩の方々に感謝です。



例祭最中に奉仕者が携帯カメラをとりまくるわけにも行かないので画像がないのは残念ですが、
また来年に庖丁人を務める機会があったら画像を残せるようにしてみよう。




さて店に戻ると
カウンターはおかげさまで2回転弱の盛況。
いつものO氏は3日連続。
ありがとうございました。



さあ
日曜日は茶道協会の茶会の点心弁当180人前。
明日はがんばって仕込みです。
手作りの限界も200人ぐらい。手を抜くわけにもまいりませんので。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/218-8fb4c51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。