!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都高島屋で「中里隆」氏の作品展を眺める。そして恋する。
休日に京都高島屋で陶芸家「中里隆」氏の作品展に触れた。


唐津焼にはさほど興味は無かったが、やはり行ってみるものだ。
氏は唐津焼の名家中里家(父親は人間国宝)の1人だが
見てきた器の多くは唐津焼とは違うかんじのものが多かった。

唐津の多くはシンプルで、土感の見える肌に釉薬がかけてあり
黒又はこげ茶のシンプルな絵が描いてある。


というのが私の唐津に対するイメージだった。





しかし、その日目を奪われたのは氏が焼いた三島茶碗だった。
はっきりいって今まで「三島柄に気品がある」とは感じたことは1度たりとも無かったが
そこにあった三島茶碗は私にとって最高の光彩を放つ三島茶碗に見えた。

あ、陶芸評論家ではないので素人の主観でございます。





三島柄は歴史が楽焼より古い。
大陸より伝わったもので、今では100均の店にある器にもあるぐらいだ。
その多くはつるりとした肌にあの三島柄が描かれているのだが
氏のその三島茶碗は唐津の土感の上に艶の抑えた釉薬
そしてなんともいえない三島の柄が描かれ
そして大きさ・ひねり・色において人(私)を魅せる艶を持っていた。


写真は取れないのでパンフを持って帰ってきたが、その茶碗の写真は載っていない。
もうひとつ三島茶碗が載っているが、そいつは私の感性には触れなかった。
色・形・艶どれをとっても及ばない。(私の主観)




ああ、願わくばあの茶碗に湯を注いでみたい。
スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/258-eb961b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高島屋に関する記事

今日は最近の個人的に話題の高島屋について語ります。私の周りでは高島屋について話す... 高島屋【2009/02/23 00:34】

裏高島屋

高島屋とにかく気になります。高島屋について毎日検索してしまうのです。今日はこの... 高島屋【2009/02/23 19:02】

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。