!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大和郡山お城祭 清和四條流庖丁式披露
本日は大和郡山お城祭にて清和四條流庖丁式の披露でございました。


例年ですと大和郡山城の桜は満開から散り始めのベストコンディションのはずなのですが



寒っ!!

桜も三分咲きぐらいでした。

朝、近江神宮に向かう途中の湖岸道路からの比良山系の景色は雪景色。
こりゃ桜も咲かない。



それでもお花見の人たちはあちこちにいてはります。



野外ステージにセッティングされ、観客を前に披露です。
日吉大社や近江神宮の奉納と違い、庖丁式の披露という感じですので
いつもよりやや和んだ感じでの庖丁式です。
今年は私と「とっくり」の坂野さんが庖丁人を務めさせていただきました。
桜鯉の型を披露し無事終えることが出来ましたがやっぱり今年は寒かった。


次は今月20日の近江神宮春の例祭での奉納です。
例祭はハレ、つまり礼講でございますので和やかにとはまいりません。

本日は井伊直弼の独座観念のごとく
ひとり今日の自分を思い返してみるべきかな。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/276-7725446c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。