!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるなび BEST OF MENU 2009 
20090407120121.jpg
あ、これは表題とは全く関係ない画像。
先日セントラルパークにいた「おしどり」。
プリチーで気に入ったから撮ってみた。


さて
今年で5回目の開催となるぐるなびのコンテスト。
2006と2008の試食審査ではことごとく失敗してまいりましたが
懲りもせず今年も行って参ります。


気合の入りすぎて唐回りした2006。
気の抜けすぎで塩も味見も抜いていた2008。



「ラッキーというのはその事に準備ができているかということである」


失敗の2年はやはり準備不足は否めない。

いいかげん妻も呆れ気味か?
いやいや、
新しい発想を得る機会と数年後の料理界の流れを読むのには丁度いいんだよ。
結果は別にして、
この手のコンテストのためのプロセスは確実に料理の経験の幅を広げてくれる。
今年もすでに今回の応募において料理の経験値を上げることができた。



それにしても食文化の成り立ちというのはおもしろい。
科学の発達以前に微生物の利用を経験で掴んでいるあたりは脱帽である。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/279-decefbda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。