!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮干出汁の使い方
20090514182856.jpg
煮干(にぼし)出汁は家庭で最も重宝する、というか簡単な出汁ではないだろうか。

煮干の出汁は、麺類・味噌汁・根菜類・乾物の煮物にはもってこいの味。
まぐろと昆布の出汁は最高にクリアな出汁が引けるわけだが
家庭料理には煮干の方がいいのではないかな。

これは子供時分の食生活で煮干出汁が多かったからそう思うのだろう。
腹が減った時に、煮干をかじってた位だからだろう。
うどんの出汁にいたっては煮干が入っていないものは物足らないとおもう位だ。
旨味というより香りが足りないと感じる。



教科書を開けば、頭とはらわたをむしり取ってから
そして、水から入れて沸かして網杓ですくいとると大抵書いてある。
頭とはらわたを高温で煮出すと苦味・渋みが出てくるからである。


私流に言えば、沸かすまで行かずとも80度あたりで火を止めて15分ほど放置して
その後、出し殻をすくいあげた方がよい。


家庭で煮干を一匹づつ処理するのは大変なことであろう。
だから、家庭ではもう少し低めの温度で止めて、やんわり旨味を引いてやるといい。
そうすれば簡単に煮干の出汁が美味くできる。
昆布も入れておいてやるともっと美味しい。


もっと簡単に使うなら
煮物の材料と一緒に煮込んでしまうことだ。
雑なやり方であるが、煮干自体もおかずとして食べることが出来る。



日本料理の出汁といえば鰹と昆布が中心だが
本来、様々な素材を出汁にしてきた文化がちゃんと日本にはある。

煮干や焼干の味わいも身近にあるなら十二分に活用して、
日本料理の美味しさをたのしむべきだろう。
スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/297-8508da0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。