!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みの日、イタリアン
休みの日に料理が出来ることは幸せである。

店という枠が無くなるからだ。


つまり
仕入れ、仕込み、時間、原価、人件費、オペレーション、サービスなどなど
全てにおいて自由であり、自らがそして家族が望むものを気兼ねなしに作ることが出来るからである。



昨日の家族のリクエストはイタリアン。
お気に入りの近所の「バルベッタ」さんが休みということで
遠くまで車で行くぐらいなら家で作ってしまおうという、
なんとも飲食店側にとってはありがたくない発想でございます。
20090602191517.jpg
至近距離モードで撮ってしまったためちょいとボケております。
万願寺とホタテのトマトソーススパ。

画像は無いが、黄にらのぺペロンちーの風オイルソースフェディリーニ。

20090602191632.jpg
メバルの白ワイン蒸し大蒜の芽そえ。


20090602191646.jpg
新じゃがとブロッコリーと隠元豆のソテージェノベーゼ。

天然鯵のマリネ、イタリアンパセリとエストラゴン風味。

生ハムと牛蒡と水菜の柚子コショウドレッシング。



うちの娘も珍しく野菜にがっついていた。
やりがいありますなあ。


バルベッタの岡村さんにこの間ちょこっと教えてもらったマリネの下ごしらえは使える。
日本料理と違うアプローチは良い勉強ですな。



スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/306-fe7c8325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。