!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いいちこ」さんの営業を見習うべき
焼酎ブームは一段落。
以前ほど周りが焼酎について熱を発していない。

ブームというのはそういうものか。




以前から思っていることがある。
営業というのは結局信頼できるかどうかなのだなと。


ブームの頃、いや最近でもそうだが焼酎蔵元の営業の多くは電話1本でくる。
中には焼酎を試飲してくれと、無料で1本送ってきたところもあった。
しかし人はやっぱり相手の顔を見ないと信頼にたどり着かない。
俺だけか?


今日、「いいちこ」で有名な三和酒類の営業の方がふらっとご来店。
最初はわからなかったが、お話をしていて名刺をいただくことになってわかったのである。
別にうちの店に売り込みに来たのではないのであろうが
ふと取り出した瓶と新商品の熱い想いを語られた。


ああ、営業というのはこういうものなのだ。
彼の話では大分・本社から20人の精鋭営業マンが毎週全国を飛び回るそうである。
ビックネームにもかかわらず、主要都市に営業所を設けていないということだ。
本社から離れれば必然的に商品にこめられた熱い想いなど語れるわけも無い。


カウンターにご来店のH・S両氏も彼の話に乗ってゆく。
商品が売れるかどうかは
もちろん商品の魅力も必要なのだが
商いの基本、人と人のコミュニケーションにかかっている。



実際その新商品はうちのカウンターマンの焼酎マニア(麦は本来好みでない)にも
美味いと言わせる味だった。



ラインナップにいれようかな。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/308-b0655759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。