!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のぶり
冬になると俄然北陸の魚介の大物がいい。

世間でも有名な「氷見の寒ぶり」などは
富山湾を代表する冬の食材。

もちろんひさご寿しでも冬の間は赤字覚悟で
この富山の「寒ぶり」を仕入れる訳です。

何にしても美味しい!!
生の造りはもちろん
ぶり大根・カマ焼・照り焼き・粕汁などなど・・・

「すきやばし次郎」の小野二郎さんは「旬をにぎる」の1節で
「ぶりは握りには合わない」という感じの事を書いていましたが、
私個人的には握りとしても美味しいと思う。
トロや中トロの握りと同様に
身の甘味、旨味、共にシャリ(ひさご寿しのシャリ)に合っている。
血合いの部位を入れると薬味を使うなどしないと話は変わってきますが
とにかくこの天然ぶりは美味しい。

太平洋側でもぶりは獲れるが、日本海ものとは全く別物と言ってもいい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/33-a82f0e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。