!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今までなんで気が付かなかったのか

またしても見た目の悪い食べ物。
しかし味は格別。日本酒、焼酎、スコッチ、ワインと酒を選ばない素晴らしいアテ。

良くある鮭の皮ではないのです。
鱒寿し(ますずし)に使用する鱒の残りの皮であります。

鱒寿しの鱒は、3枚に下ろした身を皮付き腹骨付きでべた塩をして、そして酢で〆る。
そして、身だけを使ったのが鱒寿しで腹骨と皮は今まで捨てていたのであります。
しかし、ふとその皮を焼いて腹骨をから揚げにしてみたところ
なんと美味しいではありませんか。
塩と酢の具合がなんとも良く、塩鮭の焼いた皮とも違ってこれも美味しい。
早速、カウンターのお客様へのサービスメニューのラインナップに加わりました。
いやいや鱒も捨てるところが少ない魚ですなあ。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/339-3d3b0c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。