!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分の準備
正月が終わると次は新年会の山が来る訳ですが
同時に始まるのが「節分」の準備。

近年節分の「丸かぶり恵方巻」文化が全国的になりつつある事を背景に
ひさご寿しもその影響か巻寿しの注文が多い。

この新しい関西ローカル食文化が全国区にまでなったのは
「セブンイレブン」様(あえて様付け)のおかげの様です。

何にしても寿しを皆さんに食べて頂ける事は良しとしても
巻寿しを作る方が間に合わない。
昨年は従業員総出にて巻寿しに手を掛けたにもかかわらず
夕方にはいっぱいいっぱいだった。

ことしも全員で頑張って作るしかない。
準備はもう始まっています。
まず、節分の丸かぶり寿しは折角有明の海苔を使うのだから
海苔の香りと食感を味わってもらうために
一枚一枚海苔をフィルムに挟んでゆきます。
お客様は家で巻きたてのパリパリの香ばしい巻寿しが食べる事が出来る様にするためです。

まあこんな事から手作り恵方巻の準備は始まるわけです。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/34-ffbf51ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。