!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁漁前の幻の味「あめのうお御飯」。やはり美味しい。
あめのうお御飯。
いろんな表記があって「アメノイオ御飯」「あめのう御飯」など微妙にちがう。
今は各家庭で食べることは無くなったが、
滋賀県の食文化財に選択されている料理であります。
その他の食文化財は
「湖魚の佃煮」「湖魚のなれ寿し」「日野菜漬」「丁稚羊羹」。

ひさごでの提供の形はこちら。
あめのうお御飯 アップブログ
「滋賀の食文化」という本に見る限りは
あめのうおを丸ごと一匹と米を鍋で炊き上げた豪快な写真が掲載されていて
鈴子も一緒に炊き上げたようですが
店では鈴子を醤油漬に仕込んで、あめのうおを土鍋で炊き上げてから上に散らす仕立てです。
あめのうお御飯 ブログ 箸上げ
しっとりして旨味が満載のあめのうおの炊き上がった味わい
コクのある鈴子の味わいが一緒に口元に運ばれれば
唾液の分泌も全開となることでしょう。

鈴子ブログ
あめのうおはもうすぐ禁漁に入ります。
鈴子入りのあめのうお御飯が食べられるのも僅かの間だけ。
これこそ、真の贅沢です。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/345-6dae035b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。