!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋に入って鮭が美味しいですな
鮭は秋になったら産卵に戻ってくるのです。
川に遡上する前に沖合いで漁獲されたやつが一番いいです。


なぜ川ではダメなのかというと
川に上る頃には産卵直前でかなり鮭たちは疲れてます。
産卵後になればさらにダメです。
もう疲れ果てて瀕死の状態です。って言うか、もう死にます。
鮭は産卵後死んでしまうのです。
瀕死の鮭はさばいてみると、「これは鮭の身ですか」と聞きたくなる様な白身です。
いや、薄いピンクかな。

命あるものを食べておいて、美味いの不味いのいってたら罰があたるのかもしれませんが
やっぱり鮭は沖合いの活きのいいやつが美味しいのです。



今の時期なら、焼いた鮭を炊き込みご飯にして、さらにいくらの醤油漬けをのせた
「はらこ飯」がいいですね。
あめのうお御飯も鈴子のせがベストです。


ああ、あめのうお御飯今年も終わってしまったな。
また来年、たのしみにしておこう。
竹川さん、うちの店の今年最後のあめのうお御飯、いかがでしたかな。
あの寺田さんの食べ方、メシ1-GPにも出れますかね。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/351-78c84019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。