!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝いの折詰めは今でもちゃんと需要がある
祝 折詰 三重 ブログ用
昔はうちのおじいさんが結婚式や法事に行った帰りには
こんな折詰めをいつももって帰ってきてたものだった。

今や結婚式の引き出物といえばカタログギフトが主流。
食べるものも着る物もあふれてる現代ではカタログギフトの方が支持されるのは当然か。


でも
普段の食事では食べる事はないであろうものが入っているお土産の折詰めは
子供心になにか楽しかった。
今とちょっと違うのは、
昔の折詰めには祝いを象った和菓子の生菓子が大抵付いていた事。
鶴亀の絵が描いた羊羹とか紅白薯預饅頭が一段あって
「こんなでかい羊羹食べられんな」と思ったものだ。
今思えば、茶菓子の一つにでもなる日保ちのする羊羹はそれなりに重宝したのかな。


と、まあ昔の事はおいといて
今でもちゃんと折詰めの需要はある。
結納代わり、上棟式、結婚式、宮参り、法事などなど。
お祝いや供養を頂いたお返しに持って帰っていただくための注文。

大体こんな習慣はすんでる地域によって違うものですが
何かもらったら何か返すのは当然で、もらいっぱなしは具合悪い。


今は昔と違うけど
受けた恩や借りは何か返さないとね。
わらしべ長者の話も生まれなくなるしね。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/362-8cbed54c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。