!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棒鱈(ぼうだら)の美味しい炊き方
20091227203342.jpg
棒だらの炊き込む前の画像。

おせち料理の中で最も好きなのが棒だら。
実家のおせちでは必ず入っていたものだ。
世間一般的に「おせちが好きだ」という声はあまり聞こえてこないが
個人的にはおせち料理が大好き。

実家のおせちは
棒だら、酢牛蒡、田作り、黒豆、数の子、野菜の煮〆、金団、紅白かまぼこ、他焼豚とか。
強いて箸が伸びないとしたら甘い金団ぐらいであとは何でも好きだった。
煮〆に入っていた自分とこの田んぼの慈姑(くわい)もけっこう好きだった。

こたつ、おせちにもち、熱燗。

正月はやっぱりいいですな。
おいしい、好きなものが食べられるってだけで幸せ感じます。

とか言いつつも実際正月は仕事なんですけどね。


おっと、タイトルからそれた。

うちの店の棒だらの炊き方は実に簡単でひたすら煮込むことです。
まず棒だらを米の研ぎ汁でもどしてから
酒と水と切った棒だらを鍋に入れる。
煮立つ前に丁寧にアクをすくい、アクが出なくなったら薄く砂糖を入れて煮込む。

ひたすら煮込む。

約12時間ごろに骨が柔らかくなり、全部食べられる棒だらになる。
このときに自分の好みのあじつけをするわけです。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/371-902b66d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。