!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初釜の茶事
昨日はお茶の先生宅で初釜の茶事。
朝9時の席入り。

主菓子は「花弁餅」。白味噌の香りと旨みが程よく、美味しい。
先生の濃茶が飲ませてもらえるのは年一回きり、この日だけとあって
30人に及ぶ生徒が集まっての茶事。
先生の庵には10人も入ればいっぱいになるので、3席まで濃茶を練らはります。

昨年の炉開きの茶事で使った濃茶と銘が違うもので、今回の濃茶は本当に美味しかった。
銘は「成光の昔」
濃茶はその名の通り“濃い”のでねっとりドロドロ。
しかし、本当に美味しいお茶というのは旨みがある。
料理の出汁のような余韻がたなびくまろやかな旨み、茶の香り。

十四代淡々斎の筆の軸、鼓型の香合の外に椿の葉に練り香、川瀬表完の三宝に神宮の鈴
またまた川瀬表完の真台子に阿山のトルコ青の皆具、海老飾りが付いた釜。
炉縁は聞き忘れたな。

退席して、後の2席のかたがたが終えるのを待つ間
川喜多半泥子の作品集を見る。
北大路魯山人と並ぶと言われた巨匠の作品は
しゃれていて、茶道具にふさわしいものが並んでいました。

その後
広間にてみんなで薄茶。
先生のお気に入り茶碗が惜しげもなく出てまいります。
私はべべら口の詫びた茶碗が当たりました。
いや~至福の時ですな。
芸術に触れるというのは活力が沸いてきます。

以下広間の飾り
20100111103237.jpg
広間の床にあった蓬莱飾り
20100111103256.jpg
軸はだれだったかな
20100111103310.jpg
蝋梅と白椿 青磁に蛤板
20100111103321.jpg
鶴香合

本席の画像はいつもながらとることができませんのであしからず。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/372-0ed1ca5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。