!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の郷土料理は世界に通用するのか「しもつかれ」
20100205215240.jpg
できたての「しもつかれ」。近江仕立て。
八幡の赤蒟蒻と反則の近江しゃものつみれを入れた会席用のやつです。

「しもつかれ」は北関東の郷土料理で、
節分のあとの豆や大根・人参・米麹・鮭の骨の出汁なんかを使った非常に素朴な料理。
味付けは塩味のみで作る。

北関東では各家庭で作られるようで、
「7軒の家のしもつかれを食べるとその年は病気にならない」
などと無病息災を祈る行事食となっている。
栃木ではしもつかれコンテストがあるようで、地元の方の愛着は相当と思われます。


なんで近江八幡で「しもつかれ」かというと
この「しもつかれ」、シンプルで素朴ながら非常によくできたまとまりのある料理で、
北関東の郷土料理で終わってしまうにはもったいないからと思ったからで、
塩のみでおいしさを引き出すあたりは日本料理の神髄ともいえるところではないでしょうか。

今月日経レストランの村田吉弘氏のコラムで、
村田氏が外国の知人を日本の洋食屋さんに連れて行ったとき
その日本人なら誰でも知っている、食べたことのある洋食に外国の知人は非常に感動した、
なんてエピソードがのっていた。

日本人には当たり前の事でも、国外から見ればエキセントリックらしい。
日本の料理は今世界で最もクールな料理と捉えられているようです。
事実、エルブジのフェランは日本料理に刺激を受けていたと言っている。
「しもつかれ」のようなごくありふれた郷土料理も一歩世界に飛び出せば
世界を魅了する料理となる可能性があるのです。


まあ、とりあえずしもつかれはおいしいです。
うちの煮方の若衆も作りながら

「これおいしいっすね」

なんて言いながら楽しんで作ってます。

スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/380-f88da5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。