!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぐの白子談議
ふぐの白子。

冬の珍味としては最高級・最上級の味と言われる。

さっと霜降りをしてポン酢、塩焼き、雑炊、白味噌鍋、白子酒、白子蒸し、フライ。

どれにしても美味しい。不味いわけがない。

魚類の白子としては比類なきオールラウンダー。

しかしながら最近思う事。

霜降りでポン酢に関しては最上級の鱈の白子(雲子)のほうが美味しいのでは。

こんなことを言えば「なにゆーとんねん」と言われるかもしれませんが

こと焼き白子や白子鍋、フライ、白子酒なんかはフグには到底かなわないところですが

ポン酢で食べるには雲子のほうが相性がいいように思います。

雲子にはほのかな苦味がありふぐ白子にはない。

しかしながら、その雑味が逆にポン酢との相性の良さになっているように感じてきた。

そこの一点においてのみ雲子にはふぐ白子をしのぐ個性があるのでは。

かの有名な「美味しんぼ」のエピソードでは

ふぐの白子に比べられた雲子は下視されていて、

ふぐ白子に匹敵する素材としては羊の脳や仔牛の脳が挙げらていました。

しかしながら、最上級の雲子はふぐの白子にない形状

ひだ状になっており、そこがポン酢を絡める食べ方との相性でふぐ白子に勝っているように最近感じます。

他の人たちはどうでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/383-4b993b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。