!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちごはん
久しぶりの家での休日は昼・夜ともにおうちで作っちゃいました。

昼は先日実家の母から頂戴した
いつもの福井製麺の生めん「釜揚げうどん」を6人前湯がいて、
煮干だけでとった出汁で食べました。
妻と2歳の娘もガッツクほどの美味しさ。
6人前など2.2人(娘は0.2人)で簡単にたいらげてしまう。
製麺所によって麺の質が違うので
一概に「さぬきうどん」ならなんでも同じという訳でもない。
釜揚げで食べるなら「福井製麺」が美味しいということです。

夕方、ユーストアに初めて買出しに足を運び、
永源寺産の舞茸を発見。
百合根と牡蠣も手に入れ、土鍋で炊き込みご飯にすることに決定。
サイドメニューは美味しい豚汁と豆もやしと韮の炒め物。

個人的な炒め物を美味しく作る秘策は
「汁物を作った汁を隠し味に使う事」

昼間に出したおひなさまを眺めながら
外では食べられない晩ご飯で妻も娘も大満足。
スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/39-317177f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。