!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄檗売茶流家元プロデュースのステージで
本日は清和四條流家元で
滋賀県日本調理技能士会の会長でもある刀根氏の
現代の名工受賞記念祝賀会。

琵琶湖ホテルの会場に設営されたステージは
煎茶道「黄檗売茶流」家元中澤氏にプロデュースしていただきました。

美意識の鋭い中澤氏のステージは黒と赤の畳のモノグラムに
黒の屏風に南天の赤い実をふんだんに使った「黒と赤」の配色。

今回は奉納と違い「見せるため」の包丁式
陰陽・静動で言えば「陽と動」の動き。
包丁人は高弟師範の清本氏。
静寂を破る様な動の包丁式が晴れやかな舞台で披露されました。

介添の私でも中々ないこのようなステージでは緊張しましたね。
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/40-b1fac0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。