!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちも絶賛「うまい!美味しい!」ブラックバスin沖島
本日は地元の青年会議所の事業で募集した子どもたちに沖島を経験してもらいました。

昨年から引き続きの沖島で地引網。
実は私もしたことが無い。

みんなとやってみたいのはやまやまですが、お店があるので私はお仕事に集中です。

代わりに中島君がツイートしたところから画像いただいちゃいました。
ブラバス
仲間のしまもっちゃんがうれしそうに持っています。5キロもあるブラバス。
ブラバスのなれの果て
そして、ブラバスの天ぷらとフライです。

獲れたてのブラバスの天ぷらとフライは子どもたちや青年会議所のメンバーにも大好評だったそうで、
世間で通っているクセや臭みなどなかったと驚いていました。



世間にはブラックバスをまともに味わった人がどれほどいるのでしょうか。


川物の魚の調理には海物と違って料理に絶対的な条件があります。

それが「鮮度」です。

「そんなんあたりまえやないか」みんな思うでしょうが
海物は鮪を筆頭に熟成によって旨味が増すものが多く、鯛なんかでも2~3日置いたほうが美味しい。
しかし川物の魚には熟成は厳禁なのです。

いや、たとえ1時間、1分でも早いほうがいい。
生息している水域の塩分濃度によって内臓などの生態機能が違うことに由来していると思います。
喫水域に住む魚にも同様の傾向があります。

難しいことはおいといて



とにかくブラックバスは本当は美味しい魚のです。
川の支流やよどんだ水域に住んでいるやつは問題外として
泥地でないきれいなとこに住んでいるやつは鮮度がよければ全て良しといってもいい。


残念ながら釣って一日でも置けば極端に味が落ちるので
商品としては難しいですね。
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/411-26b5d8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。