!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハス料理(ハスは淡水魚)はなかなか見られない。今日は家庭料理画像付き
ハス
今日の会席料理の焼物の素材、愛知川産「ハス」。

ハスはほとんどハス寿し(熟れ寿しの類)にされるのがほとんどで他の料理を見かけることは数少ない。

なぜかというと、ハスは漁獲後劣化が早い。
って言うか、ハスに限らず淡水魚は海水魚に比べて劣化が早い。

唯一あめのうおだけは別なのですが、
このハスも漁獲後、翌日には別物になると言ってもいいでしょう。


というわけで、このハスは本日獲れたてでして、せっかくですのでご予約のお客様へ焼物で登場です。

料理はバタバタして写真撮り忘れましたが、
骨切りした身を軽く油を通して軽い照焼きにします。これが美味し。

残ったハスは内臓とえらと鱗を取って塩切りにして、定番のハス寿しにしましょう。
今年は鮒とハスの漬けこみだな。







おまけ
冷汁
冷汁。

うちの店には宮崎出身の料理人が4人います。
彼らの郷土料理「冷汁」は我が家でもすっかり夏の定番になってしまいました。

スーパーに休みの日に買い物に行くと、
結構アジやサバは夕方はタイムセールになっていることが多くてでお得。
青背物が好きな私はついつい買ってしまう。

ただの塩焼も大好きなのですが、「冷汁」にすると夏野菜も一緒においしく食べられる。
定番はキュウリ、みょうが、焼茄子か。

アツアツごはんにぶっかけ。胡麻をもっと効かせて半田そうめんを入れるのもよし。

今度は他の野菜も入れてみよう。
スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/429-e928d213
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。