!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりのたまり醤油が一番おいしい料理
選挙が終わった。

地方分権の時代にこの選挙で近江八幡は、滋賀県はどう変わるのか。


と高尚な話は難しいのでやっぱり食べ物で。
DSC_0078_20100627160723.jpg

この前、山川醤油さんへ見学へ行ったときに買ってきた醤油「西心」。

2年熟成で素材までこだわったたまり醤油です。


味はかなり発酵臭がします。まあ、納豆のような豆発酵臭です。
塩分濃度が低い分、香りと旨味は豊富です。




しかしながらこれって結構マニアックな味で、一般受けしにくそう。




ところがこの醤油が魅力を最大に発揮する料理があります。

「炒め物」です。


そのままお造りを食べるのに使ってもいいのですが
炒め物に使うと、香りと旨味が最大限に料理に生かされます。


普通の濃いくち醤油では無理な味ですね。



よくよく考えれば、インドネシアのテンペと同じです。
豆の発酵臭と旨味を利用する。
液体か固体かの違いですが、効果は近い。


炒め物にはもったいない気がしますが、これで美味しくなるならこの使い方でしょう。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/430-73fb2a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。