!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味い魚は普通に食べるのが美味い
黒ぼう
やってまいりました、今年の黒ぼう入荷第一陣。


正確には「あぶらぼうず」って名前。これは毎年書いております。
名前の通り脂がのっている魚でちり鍋にしてポン酢で食べるの最上です。
顔のあたりの皮もプルプルして美味い魚です。


良く似た名前の「あぶらぼう」は科目も違う別種の魚で、
「あぶらぼう」は食べてはいけない魚でして、船上から下ろす事さえ禁止されております。
なんで食べてはいけないかと言いますと、
「あぶらぼう」の脂質は人間の消化液では分解できないため、お腹を下してしまうからです。
しかしながら、食べた時はそのあまりにのっている脂のために
「禁断の美味」として裏情報として広がっているのです。
間違っても食べないでね。死にはしないと思いますけど。

結構、ごっちゃになって同じ魚だと思っている人が多いのでちゃんと区別しましょう。


「あぶらぼう」はちゃんと消化できますので大丈夫です。
そもそも違う魚ですから。

この辺も毎年書いておりますね。



とにかく黒ぼう(あぶらぼうず)は美味しい。
超あっさりのふぐと正反対のコッテリ魚系。


かの「美味しんぼ」に登場する至高の5大鍋、
てっちり、かにすき、鱧松鍋、スッポン、アワビのしゃぶしゃぶ金華ハムスープ(だったかな)。
これらは素材そのものがそれぞれに別格の地位にあるもので、
たしかにそれ以上に手を加えることを良しとしない美味しさです。

この黒ぼうもちり鍋以上に美味しい食べ方が今のところ浮かんでこない。
毎年リピートする人が多い黒ぼう。

素材力で料理を凌駕してしまっています。


今年はポン酢に使う柑橘に酢橘をプラスしました。
毎年柑橘は「ゆこう」(ポン酢用柑橘としては最高級)のみで作るのですが、
ゆこうの甘い香りに酢橘のキレを少し加えます。
個人的に酢橘が好きっていうのもありますけどね。
鍋がさらに美味しくなります。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/460-5a00248a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。