!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てても食べられない料理ってどうなんだ、料理展示会。
16日・17日と2日間、滋賀県調理師会が主催の展示会が草津のイオンモールでありました。

料理の展示会って言うのは日本料理の世界では結構昔からあって、
各料理人がこぞって細工や盛りつけ、飾り付け展示の美しさ・豪快さ・派手さを競ってきました。


ってのは一昔前。今回の展示の参加店は少なかった。
最近は日本料理の料理人も減ってゆく傾向にあるとか、
展示会に参加する意味が見出せないとか、
そもそも調理師会なんていう組織に加盟する意味がわからないとか、
景気が悪いとか、参加が少ない原因を揚げればいくらでもありそう。


ひさご寿しは、寿しの中村主任と姉妹店の「逢味庵」のうどん料理の2点と
清和会の奉納料理4点の展示です。

平成22年滋賀県調理師会展示会 (7)
平成22年滋賀県調理師会展示会 (8)
平成22年滋賀県調理師会展示会 (6)

私が作った展示奉納料理は
・秋鮭の柚庵焼東川菊菜巻みぞれ餡かけ新いくら添え
・柿と八幡蒟蒻と海老の白酢かけ柿釜盛
・近江しゃも饅頭菊花きのこ餡かけ
・琵琶湖本もろこと赤杉谷唐辛子豊年揚げ

私が作る展示料理は「食べても美味しい」が原則。味付けもする。
他のお店は知りませんが、
うちの店で若手が展示コンクールに出すときも「食べても美味しい」を原則に作らせています。
まあ、若手に「食べて美味しく、見て美しく」はかなり酷ですけど、
何事も経験ですからね。



今回の様子を見てますと、今後は展示会も縮小かもしれませんね。
いっそ展示をやめて
各店が名物持ち寄った試食会にしたほうが、見に来たお客さんも食べて盛り上がると思いますけどね。
でも、食品衛生・公衆衛生的に問題が多いかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/462-745dd5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。