!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖の旬は今「ホンモロコ」、絶滅危惧種「イサザ」
冬の琵琶湖といえば「ホンモロコ」。
最近は養殖物が増えましたが、天然物も放流などの保護政策が功を奏しているのか、
少ないながらも少しずつ増えている感じがしています。
本もろこ

ホンモロコは子持ちになる3月上旬が最も値段が高く市場で取引されますが、
実は子持ちになるまでの秋から1月位までのほうが骨が柔らかい。
産卵後の4月は漁獲は多いものの味は落ちてゆきます。




さて
最近はまとまった漁獲がほとんどない「イサザ」。
いさざ (2)
唐揚げはもちろん、柳川やじゅんじゅんで美味しい。

滋賀県のレッドリストの絶滅一歩まえにランクされており、
乱獲は禁物の品種です。


これもブラバスやブルーギルに食われているらしいのですが、
保護策がとられていないため、漁獲をしない事がとりあえずよいのかもしれません。

写真のものはどうもモロコと一緒に揚がってしまったものらしい。




いまや幻の魚になりつつある「イサザ」。
食べられるのはこれが最後にならない事を祈ります。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/482-f3abeef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。