!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンピロバクター食中毒が県内で発生
カンピロバクター。


ちょっと15年ほど前にはあまり聞かなかったウィルス名。


今はしょっちゅう聞こえてくる名前になってしまいました。


最近有名になったのはノロウィルスですが、発生件数ではノロウィルスと1位2位であります。


カンピロバクター食中毒の原因はほとんど鶏肉か生レバーの生食。


厚生労働省も県も注意を促していますが、鳥刺しレバ刺しを提供する店は無くなりませんねえ。


グルメ雑誌も堂々と鳥刺しメニューを写真付きで紹介しちゃってるもんだから


一般には鳥刺しレバ刺しの危険度数はあんまり気にしてないのでしょうね。


実際食べたらおいしいから、やめられないのでしょう。


私もどちらも好きですから、メニューにあったら頼んでしまうかも。


でも、店がお客様の健康被害を助長するようなリスクを背負ってまではメニューにはしにくいですね。


うちの店では。


そう言えば神戸の第一楼がノロウィルス中毒だしてましたね。


従業員4人が感染して症状を訴えていたそうな。


おそらく従業員用トイレで従業員に感染が広がって、料理に混入することになったと考えられますね。


あしたの朝礼はまずこの話からはじめないと。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/488-ac6bf034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。