!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例のバームクーヘン豚燻製
もはや春の恒例になってしまった「バームクーヘン豚燻製」

塩をして、乾燥させて、燻製・・・・

単純な仕事なのですが、肉は確実に旨くなる。
日本には長く、特に関西には仏教文化が根付いてきたから牛や豚を食する文化に乏しい。

家庭で肉の保存食を作るなんて文化は存在しない。
まして料理屋にも。

しかし、元来なんでも来いが日本人の特性。
いいものはどんどん取り入れる。
燻製もどんどんやっていこう。美味しいんだから。
燻製 (2)
燻製 (1)
冷燻の途中の画像。

煮物椀に豚の燻製を使うのがおもしろい。
キャベツのすりながし椀に桜の香りを添えてうちのオリジナルの完成。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/497-a474b4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。