!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンビ柄
鯨ネタをまた。

鹿の子
鯨の造りはよくありますが、この写真は「鹿の子」と呼ばれる鯨の部位です。
読んで字のごとし、バンビの柄のように脂と赤身が混ざっています。

通常の赤身や尾の身に比べて脂肪の割合が多いため、
噛んだときに感じる甘味が非常に多いのです。

さえずりやベーコンなんかも脂身が多く、
やや鯨独特の臭みがありますが鹿の子はそれがありません。

ただ、歯が弱い人はちょっと噛み切れないかも。

個人的には鯨の造りでもっとも美味しいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/502-20bed7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。