!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は
近江八幡で日本料理の世界に生きる丸刈り36歳のつれづれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖島を6次産業化!「沖島ばすころ」NHKにも取り上げてもらいました

ばすころ試食会 (2)
春爛漫の昨日、
かねてより研究開発を依頼されていた、
沖島のコロッケ「沖島ばすころ」(私がかってにつけた名前でまだ決まってません)
の試食プレス発表がありました。


DSCF4312.jpg
試作品の現物はこれ。
中身はブラックバスとおからと牛乳を中心にあと調味料とスパイスです。

ばすころ試食会 (1)
沢山のかたに来ていただき、テレビ・新聞各社に取材していただきました。


沖島は近江八幡、いや滋賀県が誇る伝統生活様式を残した貴重な資源です。
淡水湖に浮かぶ島で生活が営まれているのは世界に4つ、(もちろん日本は沖島だけ)
なおかつ学校まであるのは世界に沖島だけなのです。
知れば知るほど魅力満載の島なのですが、
便利を優先するのが人間ですから、このままでは人が住まなくなる可能性が高くなっていました。

そこで、伝統的な漁業に沖島独自の産業を作って島を盛り上げてゆこうというのが
6次産業化のねらいです。
その火付け役にブラックバスを活用したコロッケの開発となったのです。


コロッケの試作は上々。


もう少し微調整すれば、近々商品にできそうです。
スポンサーサイト

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
お邪魔します
ニュースで見ました。沖島のバスコロッケ!
コメント残していきます。
ブラックバスのフライは何度か食べたことありますが
普通に美味しいですし、コロッケはどんな味なのでしょう?楽しみです。
6次産業?用語の勉強をせねば・・・
沖島は通船もありますので一度行ってみたいと思いつつ、行けてないスポットです。
【2011/04/16 14:49】 URL | 長浜のidealist #- [ 編集]

Re: お邪魔します
なかなか沖島は思いきらないときっかけができるものではありませんね。

私も昨年とある事業のため必要にかられて通船にのりましたが、

結局それがきっかけで色々な方々とつながりが持てるようになりました。

ブラックバス、加工の処理さえちゃんとすれば、何にしても美味しいです。
【2011/04/16 21:12】 URL | かわにしたけし #9.FQmqOo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/503-ba67c73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かわにしたけし

Author:かわにしたけし
1976年生まれ。近江八幡出身。

高校卒業後料理の世界へ。21歳で有馬温泉・瑞苑(当時)大田忠道氏・竹取亭(当時)中島勇氏に師事。2003年に帰郷。新宮章好氏・故・刃根盛治氏らに師事し庖丁道清和四條流を学び日吉大社・近江神宮などの神事に奉仕し清和会として活動する。その他近江八幡農業政策などにも協力し地元食材の振興に努める。

2007年・2008年に亘る第1回日本料理コンペティションでは、近畿中国四国地区3位・全国決勝敢闘賞。
ぐるなびBOM2009協賛企業賞・関西エリア賞。

料理人初となる「おうみ若者マイスター」認定10号。
日本料理専門調理師・調理技能士。
滋賀県ふぐ調理師。



最近の記事



にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ



カテゴリー



検索フォーム



リンク



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 



あし@



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。