!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの行く末
黄はた
タイトルとは全然違う画像、小笠原の黄はた。
先日の入荷の画像ですが、ハタ科の魚はどれも旨い。
個人的にこの手のあっさりした白身の魚が好きだからこう言っているだけですが、
世間一般てきな、「あまい!」「柔らかい!」「とろけるよう!」といった表現とは無縁の魚。
焼くとパサパサだが、実に旨味がある。


さて
タイトルのうなぎの話にもどりませう。


先日から琵琶湖の天然うなぎが入荷しているわけですが、
この先琵琶湖のうなぎは県民がもっと盛り上げないと絶滅する。
瀬田にある堰のために昔のように真に鰻が琵琶湖に戻ってくる事ができないから。

だから滋賀県が税金を投入して毎年稚魚を高知県あたりから購入して放流しているのです。
その稚魚が年々少なくなって、kgあたりの単価が上がっている。
稚魚購入金の予算が変わらないから放流量が減っている。
しかし、NHKたら、有名店がこぞって琵琶湖のうなぎを取り上げるから
重要と供給のバランスが崩れつつある。いや崩れている。

今後はうちの店も放流に寄付金を出さんといかんかな。



明日は土用の丑の日。
養殖物も去年の倍ほどの値段が付いている。



それでいいんだ。


無いんだから。




このままいけば確実に鰻は消える。





商売も大事だが、うなぎを食いつくしちゃ話にならん。




土用の丑の日はもっと違うスタミナ料理を流行らさんといかんね。
レバニラ丼とかにするか?
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント
いつも美味しいお寿司をありがとうございます。
こんにちは。辻朋子です。
いつも美味しいお寿司をありがとうございます。
また安土に帰った時にお邪魔させていただきます。
時節柄どうぞご自愛くださいね!
この出逢いに感謝 辻朋子
【2011/07/21 15:54】 URL | 辻朋子 #- [ 編集]

Re: いつも美味しいお寿司をありがとうございます。
こちらこそありがとうございます。
いつでも寄って下さい。
【2011/07/28 16:44】 URL | かわにしたけし #9.FQmqOo [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/522-e61fe789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。