!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明けて、滋賀B級グルメバトル 希望の沖島よそものコロッケ
滋賀B級グルメバトル in 浜大津サマーフェスタ 7/30・31開催
土日と言う事もあって、レシピ開発者の私自身は当日参加ができなかったのですが、
聖泉大学の学生のみなさんの協力もあって、沖島よそものコロッケは大盛況に終わったようです。

2日間で12万人の来場があったという。
正直、業界のギフトショーよりも動員が多い。
本家「愛Bリーグ」によるB-1グランプリにも負けない盛り上がりであったようです。
滋賀だけでも60のブースが作れる、応募総数からすれば
100にも迫るB級グルメが滋賀には存在していることになる。

近江八幡からだけでも6の団体が出品した。
人間の知恵はすごいね。47都道府県でやればどれだけの品があることか。


来年はもっとバージョンアップ、ブラッシュアップしてそれぞれが磨きをかけることなんでしょうね。
坂野さん、来年はどうするんだろ。


さて、沖島よそものコロッケ。
残念ながら優勝にはとどきませんでしたが、
実のところでは大収穫をあげたものでした。

沖島よそものコロッケに秘められた思いはこのイベントや一時的な売上にありません。
沖島と琵琶湖、近江八幡、そして環境保全、エネルギー問題などいろいろなメッセージが込められています。

沖島コロッケ 016

沖島よそものコロッケのおもな原材料のひとつである「ブラックバス」は
滋賀県で駆除対象外来魚としてハンティングリストに載っています。
100%駆除を目的として法が整備され、リリースには罰則が設けられているほどです。
しかし、
最近の研究でブラックバスの栄養素は高タンパク低カロリーでタウリンを多く含み、
たんぱく補給源として非常に優れている事が解ってきています。
悪イメージとなった淡水魚にありがちな「臭み」は漁獲場所・処理方法によって変わります。
沖島漁師が漁獲後すぐにさばいたブラックバスは高品質で、
白身魚の食材として第1級と言えるでしょう。

残念ながら、滋賀県はこの食材に対し、
価値を認めておらず、駆除対象として廃棄処理(運搬・焼却)に税金を投入しています。

石油を使って燃やしまくるよりも
県が食材として価値を認め、上手に消費コントロールすれば
むしろ数が減って行くのではないでしょうか。


数が減れば今度は希少価値が生まれ、
滋賀県が誇る白身魚になる可能性があります。

考え方ひとつで価値の無いものに価値が生まれる。


エネルギー効率とか言い出すなら滋賀県はこの事実も見直すべきです。
いや、もしかしたらもう気付いてるかな。


沖島は近江八幡の、そして滋賀県の文化的景観であり重要な資源です。
沖島を起点にした産業が育っていくことはこれからの沖島には絶対条件であり、
近江八幡市や滋賀県がその資源的価値を認めているなら実現の可能性は大きいものです。
しかしながら、それもこれも沖島のみなさんが納得し積極的参加をしてもらえることが条件です。
今までのアクションでは難しかったのですが、
今回、この大きなイベントで2000人前近くの売上を上げた事により、
沖島のみなさんには大きな自信となり、次への希望をふくらます物になった事でしょう。

そう
沖島にとって「希望」こそが一番必要なのです。
私がお手伝いするのはその希望を共有したいと願うからなのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/525-1437a455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。