!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食品の鮮度に関係ない赤痢菌食中毒
ガストが赤痢食中毒事故により営業自粛に入るという。

そもそも赤痢菌による食中毒事故が発生する原因は、
水が赤痢菌に汚染されているかどうかが基本にある。

通常、水道水は衛生的に処理されたものが流れているから
水道管が割れていない限り、赤痢による汚染は心配ない。


もっとも可能性が高いのが井戸水や川の水など、自然界の水を飲むか、
それらを使って泥落としなどをした野菜を生で食べるかである。


かつてアメリカで赤痢菌食中毒事故が起こった原因が、
パセリ農場の洗浄用水が汚染されていて、その農場のパセリを
レストランがそのまま生で使ってしまった、というものだった。


今後、今回の原因は徹底的に調べられることになるでしょうが、
ハッキリさせておかないとほかにも事故が起こる可能性がある。
ガストだけの問題ではない。

赤痢は小さい子供や妊婦の場合は死んでしまう場合もあるので、
一刻も早い原因解明を望むばかりです。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/531-02ab0dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。