!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぎり寿しを写真におさめる
9月16日。
グランドメニュー変更のため写真撮影。

カメラマンはもちろんこの人、寺田先生。
http://www.t-terada.co.jp/
そしてデザイン担当ももちろんこの人、兼本氏。
http://www.anku.co.jp/
アートなお二人にかかれば、にぎり1個の写真が芸術に代わる。
写真撮影2011916 (4)
写真撮影2011916 (2)
伝統的な関西寿しの撮影。
長方体に綺麗に切られた押し寿しは先生にかかると、オブジェのような写真になります。
写真撮影2011916 (3)
写真撮影2011916 (5)
写真撮影2011916 (6)
制作について話し込むお二人。

寺田先生曰く、
「料理から感じるものがあるとすぐにシャッターが切れる」
「感じない料理は1時間たってもシャッターが切れない」
だそうでです。

にぎりの撮影は数も多く大変でしたが、先生には喜んでシャッターを切ってもらえました。
最後は8時までかかりましたが、いい写真が撮れたようで、
ここからは兼本氏のデザインを待ちます。

データが届けばたまにこちらにもアップしよう。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/534-380cc6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。