!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のたべものの実態  北之庄のブランディングに向けて
北之庄菜ブランディングの目玉の一つ、品質を科学的数値によって証明すること。
共同研究を進めるため立命館大学にお邪魔しました。

DSC_0065.jpg
DSC_0064.jpg

昨年、商工会議所のプロジェクトで委員長を務めていただいた建山教授の紹介で、
久保幹教授に事業の概略を説明、共同研究をすすめる運びになりました。

久保教授は微生物の専門家であり、土壌研究・調査において特許をとっておられます。





さて、日本の自給率について農水省をはじめいろいろな人が問題にしてますが、
作物をつくるための肥料については99.8%が輸入に頼っている事実を知る人はどれくらいいるだろうか。


これって自給率ほぼ無いってことですよね。



野菜だって生き物だから栄養がいる。
栄養にあたるのが肥料です。


有機肥料と化学肥料。
いわゆるオーガニックが有機肥料のことで、日本の99.8%が化学肥料による栽培。



この肥料を人間の食事にあてはめると
化学肥料はサプリメント
有機肥料は料理

と考えればわかりやすいでしょう。


栄養学的に必要な成分はサプリメントで補給はできそうですが、
健康でげんきな人間(生物)でいるにはそれだけではダメなことは感覚的にわかると思います。


生きてはいけるが元気がない。


これが今の日本の野菜の現状です。





そんな野菜を食べていて人間は本当に元気になれるのでしょうか。



戦前まで日本の農業は有機肥料でのみ成り立っていました。
いわゆる牛糞・馬糞・人糞・生ごみを田んぼや畑にまいて肥料にしていました。


有機肥料といっても野菜が栄養として吸収するときには
土のなかの微生物のはたらきによって化学肥料と同じ成分の無機物に分解されてからです。



ポイントはこの有機肥料が微生物によって分解されて、
無機物になっているかどうかなのです。



人間に限らず動物は腸内細菌がいることによって健康が保たれていることがわかってきました。
マウスの実験によって証明されていますが、微生物と共存していることが健全さを保っているのです。
野菜も同じで、微生物が多い土壌で育った野菜は元気で、成長スピード、含まれる栄養分、
さまざまな部分で良い結果をもたらします。



今後、北之庄菜はこの考えをもとに、土壌の健康、野菜の健康、人間の健康へとつながるように
品質の向上をめざしてゆきたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/539-9dcff0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。