!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江牛とろ巻と近江牛のにぎり
法改正による生肉提供がかぎりなく困難になったため、
ひさご寿しではオリジナルレシピによるローストビーフをつくりました。

DSC_0067.jpg

大きな塊の近江牛のロースを300℃で表面を一気に加熱、
その後加熱温度を100℃程度に下げ、じっくりと加熱。
芯温センサーを使ってレア加熱のローストビーフに仕上げました。




これ幸いに、生肉の場合にどうしても気になっていた肉の臭みは消え、
肉の甘味と旨味だけの味わいです。




災い転じて福となす
生肉でにぎるよりもおいしい・・・・・・





ユッケと牛刺しが食べられなくても嘆くことはない。
皆様、安心してお召し上がりくださいな。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/540-c27f40b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。