!--アクセス解析タグ ここから-->
近江八幡の料理人は 昔
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰆(さわら)がおいしい
寒くなればおいしくなる魚のひとつに「さわら」がある。
DSC_0049.jpg

魚へんに春と書いて「さわら(鰆)」なものですから、
当然旬は春と言われていますが、じつは真冬がおいしいと思う。(個人的感想)

写真は皮を炙った鰆の焼き霜つくり。


切り身に山葵を少しのせて醤油をさっと付ければ、
醤油の表面にうっすら鰆の脂が広がる。

くちに運べば、皮の旨味と脂の甘味が広がる。

しっとりとした身質は煮ても焼いてもうまい。


鮮度のいい鰆を、塩味のみでレア状に焼き上げたものは
酢橘をさっと絞るだけで至福の焼物となる。



日本料理のおいしさとはこういうものなのだと気付く素材でもありますな。
スポンサーサイト

テーマ:日本料理・寿し・割烹料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hisagozushi.blog77.fc2.com/tb.php/545-748d499b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事



カテゴリー



検索フォーム



おもしろいよ



カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 



月別アーカイブ



FC2カウンター



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。